水道の修理を自分で行う時に知っておくべき部品やパーツと方法

蛇口や配管からの漏水をはじめとした水道のトラブルは、不具合の内容によっては自分で修理できる場合があります。しかも、自宅にある工具を使用して必要費用を抑えた対応が期待できます。そのためには、事前に修理の基本を身に付けると共に、給水管や排水管の修理に欠かせない工具やパーツ、また利便性や汎用性の高い優れたツールなどを知り、取り揃えておくことが賢明です。

■水道の修理に欠かせない基本ツールとは?

自分であれプロであれ、修理を行なう場合に必要な基本ツールがあります。それはプラスとマイナスのドライバーやレンチ、ウォーターポンププライヤーです。ドライバーは幅広いネジに対応できるセット物が最適です。レンチとウォーターポンププライヤーは、ボルトを緩めたり締めつけたりする際、ウォーターポンププライヤーで軸を固定して、両方同時に使用します。その他、漏水の場合は、水や油分を拭きとるタオルやバケツ等が有れば作業がスムーズに進行します。

■水道配管のメンテナンスに必ず使用する部品とは?

水道のトラブルで多い漏水は、配管のつなぎ目に多く発生しています。そのつなぎ目には、必ずゴム製のパッキンが装着されており、配管のつなぎ目からの水漏れを防ぐ役割を担っている重要な部品です。パッキンが経年劣化等によって消耗すると隙間が発生します。そこから水漏れが起こるため、定期的にチェックし、交換する必要があります。パッキンの種類は多く身近なホームセンターで取り扱いされています。

■まとめ
水漏れ等の水道トラブルに備えるべく、自宅に取り揃えておく工具や部品は、基本的なもので十分です。特殊な工具が必要となるトラブルは、水回りの専門業者に依頼した方が賢明です。不安な場合は、無理に修理を行なわず専門家にお願いしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ