水道の修理を行う前にしなければならないことを確認

キッチンの水道蛇口やお風呂のシャワーヘッド等から、ポタポタと滴り落ちる水。水回りの修理専門業者に依頼するほどの不具合でもなく、状態によっては十分に自分で水のトラブルを解決できます。自分で水道に関する不具合を修理する前に、必ず対応しておくべき内容があります。事前対応を怠ると、トラブルが広がってさらに手間のかかる事態を招く恐れがあります。

水のトラブルを解決する基本行動とは?

キッチンの水道蛇口から水が溢れ出て止まらない、洗面台配管つなぎ目のボルト付近から水漏れが止まらない等の不具合を発見し、直ちに修理を行なう場合、事前に必ず実践すべき行動があります。それは不具合調査と原因究明です。不具合の原因が掌握できないと解決できません。原因を知り、必要な部品や工具を取り揃え、修理手順を確認しておくことが重要です。実行段階では、水道の元栓を確実に締め着手します。普段から、給水管付近にある元栓や止水栓の位置と止め方を熟知しておく事をおすすめします。

■不具合箇所のコンディションを整え修理を実行する

不具合箇所の付近には、必要のないモノを片付け、掃除をします。塵や埃、油分等の汚れを確実に除去します。汚れが付着したままで修理すると、例えばボルトやナットの締め付けが不完全となり、再発の可能性が高くなります。またシーリング施工が必要な場合、作業の妨げとなり作業効率が著しく低下します。そのため、修理実行前には、必ず清掃が必要となります。専門業者は、修繕工具に加え清掃用具を携え出向いています。

■まとめ
事前に行なうべき基本行動の意味は、トラブルを最小限にして効果性の高い修繕を実現することです。特に、自分の手でトラブルを解決する場合は、知識や経験が乏しいため、入念な下調べが必要となります。また、インターネット等で紹介されている水道トラブルの解決方法の記事を参考にするのもおすすめです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ