水道業者に修理依頼をするときの注意点

全般的な水道トラブルの修理は、水回りの専門業者であれば十分に対応可能です。しかしながら、住宅敷地内に引かれている水道管のトラブルになると専門的な知識が必要になるので、水道局で指定されている業者に依頼しなければいけません。復旧と配管交換は水道局指定の業者が実施することになります。

■一般的な水のトラブル解決を専門業者に依頼する際の留意点とは?

ボルトやナットの緩みやパッキン消耗が原因の少量の水漏れであれば自分で対応が見込めます。それ以外の修理は、専門業者にお願いした方が賢明です。特に、配管の交換や外部に設置されている水源の大元の修理は、自分で行なうべきではありません。業者選びのポイントは、自社の施工体制が整い修理実績が豊富であることと真摯な姿勢で仕事をしてくれるかどうかです。

■自分で修理できない場合や自信がない場合は、無理をせず専門業者の力を借りる

水道のトラブルの中には、高い専門知識が必要となる場合があります。例えば、トイレの温水洗浄便座のトラブルです。内部には基盤や細かな部品が使用されており、軽々しく修理すると悪化してしまう可能性があります。無理に部品等を取り外した場合、新たな故障の原因となり異なる箇所から水漏れ等の異常を起こす原因となるため注意が必要です。

■まとめ
水道のトラブルが発生した場合、原因と復旧方法についてできる限り早く対応します。どうしても費用軽減を優先的に考えると無理をしてしまうこともありますが、その結果費用が増えてしまうこともあるので、十分な注意が必要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ